PR

黒染めの美容院での頼み方は?予約時の注意点やセルフカラーについても

黒染め美容院での頼み方・予約の仕方は?どのメニューを選ぶ?

あなたは黒染めの美容院での頼み方に迷ったことはありませんか?

黒染めの美容院での頼みは、普通にカラーの予約をして、

黒染めをしたいです」と伝えてもらえればOKです。

ただし、その時に美容師さんに伝えておくといいことや、

注意点などがありますので、

今回は

・黒染めの美容院での頼み方
・予約時の注意点
・黒染めは自宅でやっても良いのか

についてご紹介していきます。

これから予約する方はぜひ参考にして下さい。

美容院で黒染めの頼み方は?

黒染めの美容院での頼み方に特段気を付けることはありませんが、

①どのくらいのレベルまで黒くしたいのか
②ブリーチやダメージの履歴があるか
③今後明るくする予定があるか

などを伝えてもらえると、美容師さんはスムーズに施術に入ることが可能です。

黒染めはメニュー欄に記載がない場合がほとんどですが、

それは基本的に通常のカラーリングと同じ扱いになるから。

<黒染め>という特別なメニューではないので、

あまり身構えなくても大丈夫です!

どのくらいのレベルまで黒くしたいのか説明する

美容院では

お客様のイメージする色と美容師さんがイメージする色に

かなり差がある場合があります。

お客様から「黒染めをしたい」と頼まれても

美容師さんが想像する黒染めではない場合が結構あるんです。

なので、実際に写真やカラーチャートのレベルで美容師さんに説明した方が安心です!

美容師さんとのカウンセリングはしっかり慎重に進めて下さいね。

ブリーチやダメージの履歴があるか事前に伝える

黒染めを美容院で頼むときは施術履歴を美容師さんに伝えておくとスムーズです

過去にブリーチや、縮毛矯正などの施術履歴がある場合、

黒染め後の退色が早まったり、色ムラになってしまったりします。

基本的には美容師さんが履歴を聞いてくれると思いますが、

事前に伝えておくとスムーズかもしれませんね。

今後明るくする予定があるかどうかを伝える

黒染めをすることにおいて、気をつけなければならないのはその日以降の予定です。

黒染めをした後は、しばらく色素が髪に残り、

その後カラーチェンジしたくなったり、明るくしたくなった時に

思ったような色にできない場合があります。

髪の元々のダメージ具合などによって、部分的に色素が残ってしまう事もあり、

脱色してもムラになってしまう為、綺麗な状態に戻すのはかなり困難です!

お金も時間もかなりかかることになるので、

黒染め後にまた明るくする予定がある方は、必ず美容師さんに事前に伝えておきましょう!

スポンサードリンク

黒染めを美容院で予約する時に注意することは?

黒染めを美容院で予約するときに気をつけなければいけないことは、正直特にありません!

美容院側としては通常のカラー予約と同じなので、

多く時間を取ったりもしませんし、基本得意不得意が分かれる内容でもありません。

値段も通常のカラーリングと同等である場合がほとんどだと思います。

強いていうならば、事前に黒染めのお客様が来店される、

ということがわかっているとカウンセリングの準備ができるかなというくらい。

なので、予約の時点で黒染め希望であることを伝えておいてもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

ホットペッパーでネット予約する場合

もしホットペッパーからネット予約をする場合は

通常のカラーメニューを選択しましょう。

備考欄の箇所に

「黒染め希望です」

と入力しておくといいかもしれません。

事前情報があると担当の美容師さんとのカウンセリングもスムーズに進みます。

電話で予約する場合

黒染めを電話で直接予約する場合は、

「カラーの内容が黒染めなんですけど・・」

と伝えてもいいかもしれませんね。

その場合、事前に施術履歴などを美容院側から質問されるかもしれませんので、

答えられるよう準備しておきましょう!

スポンサードリンク

黒染めは自宅でやってもいい?セルフカラーの注意点

「美容院で黒染めするのもったいないな・・」

「メンズなら自宅で黒染めできるかな・・」

と黒染めを自分でやってしまおうと試みる人も多いのではないでしょうか?

もちろん、自宅で黒染めをするのもありだとは思いますが、

その際に注意点がいくつかありますのでご紹介します。

・部屋や服が汚れる危険性
・色ムラのある仕上がりになってしまう
・髪がダメージしてしまう
・不自然に真っ黒に染まってしまう

部屋や服が汚れる危険性

これはどんなカラーをする場合でも同じですが、

自宅でカラーをするときは洋服や家具などが汚れないように注意しましょう。

洗い流す工程に移るのも楽なので、

お風呂場でセルフカラーをするという方が多いですよ!

色ムラのある仕上がりになってしまう

どうしてもセルフカラーでは見えない箇所が塗りにくい!

特に、ミディアム〜ロングの方は綺麗に均一に塗るのは難しく

見るも無惨な仕上がりになってしまうことも・・。

メンズスタイル、ショートスタイルの方は一人でどうにかなるかもしれませんが、

もし家族や友人に協力してもらえるなら一緒に塗ってもらった方が安心ですね。

髪がダメージしてしまう

市販のカラー剤というのは、誰が染めても綺麗に染まりやすいよう、

美容院で使用している薬剤よりもかなり強力な薬剤を使用しています。

ですので、黒染めに限らずですが、余計なダメージを負ってしまうリスクがあります。

ぱっと見綺麗に染まっていても、手触りはごわつき、キシキシの髪の毛に・・・。

そうなりたくない方は美容院で黒染めしてもらって下さいね。

不自然に真っ黒に染まってしまう

あなたが思う黒染めが、自然な黒のことだったら

市販の黒染めはまずおすすめできません。

黒染めというのは通常のおしゃれ染めのカラー剤よりも

色味がかなり濃く、なおかつ抜けにくい配合になっています。

市販で黒染めとして売られている薬剤を使った場合、

かなり不自然な人工的な黒に染まってしまうかもしれません

おしゃれ染めで限りなく黒に近いカラーをしてもらえば自然な黒髪も可能ですが・・

黒染め(特に市販)をするとこういった人形のような不自然な黒になる可能性が高いです・・。

・黒染め→色素が濃く、色の定着力も強い、一度染めると抜けにくい
・通常のおしゃれ染め→元の髪の色素を抜き、希望の色に染めるという薬剤、時間がたてば入れた色がだんだん抜けてくる

違いをしっかりと理解した上で選んでくださいね!

スポンサードリンク

まとめ

以上、今回は

・黒染めの美容院での頼み方
・予約時の注意点
・黒染めは自宅でやっても良いのか

について書いていきました。

黒染めの美容院での頼み方に何か特別なことはなく、

いつものカラーと同様に、美容師さんと相談しながら決めてもらえば大丈夫です。

もし不安なら、今回ご紹介したような内容を、

事前に伝えておいたりしてもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました