PR

美容師を辞めたいは甘え?退職する前にやるべきことや転職活動のポイントも!

美容師辞めたいは甘え?転職の前に考えるべきこと

結論、美容師を辞めたいと思うのは決して甘えではありません。

2023年度の厚生労働省調査のデータによると、

理美容師の3年以内の離職率は56%!

全職種で見ると30%程なので、

美容師はまだまだ辞める人が多い職業と言えます。

この記事では、

・美容師を辞めたいは甘えではない理由
・美容師を辞めたいと思った時に考えること

をご紹介していきます。

RIN
RIN

この記事を書いた人

美容師を経験の後、美容室フロント/プレスに転職。現在はサロンのサポート、マネジメント業務などを担当。

美容師を辞めたいは甘えなの?

あなたはまだ美容師を辞めることが甘えだと思っていますか?

美容師を辞めたいは甘えではありません。

私は実際に美容師を辞めていますが、

辞める前に甘えだなとは全く思いませんでした。

美容師を辞めるは甘えではない理由

美容師を辞めるは甘えではないと私は考えていますが、

その理由として、

・労働時間が長い
・休みが少ない
・賃金が安い
・人間関係が難しい

上記のことを我慢していたせいで

実際に体を壊してしまった経験があるからです。

体調が悪かった時は本当に辛く、何の活力も湧きませんでした。

何をするにも健康であることが第一、と身にしみて実感。

もしあなたが、

「これって甘えなのかな?」

と悩んで動けないでいるなら、

一度その考えを捨て、

迷わず自分が幸せになれる道を選択欲しいです。

美容師を辞めたいと思っている人の意見

実際に美容師を辞めたい!

と思っている人のリアルな声をいくつかご紹介します。

リアルな声を目にすると、「美容師辞めたい」が

甘えではないということがよくわかります。

まだまだ厳しい労働環境に、

辞めたいと思っている美容師さんは沢山いるんですね。

「美容師のアシスタント辛すぎ 8時から19時30分まで営業してそっから練習して帰れるのが22時、、、」

「シンプルに美容師辞めたい 精神的に一気にくる 一言一言が重いししんどい」

↓もうしんどくて緊急の方は↓

スポンサードリンク

美容師を辞めたいと思ったときに考えること

今回は、美容師を辞めたいと感じた時に大切な考え方、そして後悔しないための具体的なステップもご紹介していきます。

私が美容師を辞めてよかったことと後悔したことについては

別記事でご紹介しているのでぜひチェックして下さい!

辞めたい理由を整理する

美容師を辞めるとなると、

店長やオーナーと一度話をしなければなりません。

辞めたいと思った理由は事前にきちんと整理しておき、

いざ説明するときにスムーズに話せるようにしておきましょう。

ここで答えがが曖昧になってしまうと、

それこそ辞めたいなんて甘えだ!と言われてしまうかもしれません。

スポンサードリンク

辞めたことを後悔しないよう転職先探し

サロンの方針やオーナーの考え方にもよりますが、

辞めたいという事を伝えた時点で、

「ではあなたは◯月までにに退社の準備をして下さい」

と告げられる場合もあります。

そうなった場合、事前に転職先が決まっていないと困りますよね!

辞めた事を後悔しないように、

転職活動は並行しておくことをオススメします。

勤め先を変えて美容室を続ける

西日本に展開する『 SALONS beauty group 』は、

「店長のいない美容室」を掲げてフラットな職場環境を実現されているサロン。

自分のペースでお客様を接客できる完全マンツーマンサロンスタイルなので、

自分の施術方法にこだわりがあったり、

時間に縛られず働きたい方におすすめです。

\残業なし・給与UPして美容師を続けたい/

▲社会保険完備・ノルマなし▲

訪問美容師という働き方

訪問美容師って知っていますか?

美容室に行きたくても行けない高齢者の方のため、

介護施設や個人宅に訪問して働く美容スタッフです。

高齢化社会の今圧倒的に不足していて、引く手あまたの職種なんです。

介護美容師には美容師だけでなく介護の知識も必要で、

介護美容研究所 』という専門のスクールで学ぶことができます。

\自分らしい働き方を見つけたい/

▲安定収入・子育て両立▲

美容師から他業界に転職したい

美容師から、他業界に転職するなら転職サポート『 UZUZ 』がおすすめ。

UZUZ(ウズウズ)の強みは、

・20代の第2新卒へのサポートが手厚い
※競合他社の5~10倍の時間をかけているサポート実績
・内定獲得率86%以上
入社後の定着率93%以上

せっかく転職するならハズレ企業に当たるのは避けたいところ。

UZUZではブラック企業を徹底的に排除されて、

入社後の高い定着率(90%以上)を維持されているので、安心して転職活動ができます。

技術スキルだけでなく、接客スキルや提案する力など、

アシスタントであっても美容師として働いて得たあなたの強みは必ずあるはず。

転職って、自分が本当にやりたい事や自分の得意なことを見つめなおす

とてもいい機会にもなりますよ^^(体験談)

内定獲得率86%以上
\定着率93%以上の優良実績/

▲経験豊富なスタッフがサポート▲

辞める事が決まったら引き継ぎ作業を

実際に退社の日程が決まったら、

必ず他のスタッフに仕事の引き継ぎをしましょう。

お客様の担当スタイリストの引き継ぎや、

自身が担当していた雑務の引き継ぎなど、

残っているスタッフが困らないよう最後まできちんと責任を持ってくださいね。

円満退社できるよう、会社、周りのスタッフへの配慮も

忘れずに行うのがベストです。

スポンサードリンク

まとめ


今回この記事では、

美容師を辞めたいと思うことは甘えかどうか?について書いていきました。

美容師を辞めたいという気持ちは、決して甘えではありません。

そして美容師を辞めたからといって、人生が終わりではないです。

むしろ、新たな可能性が開けるチャンスでもあります。

一歩勇気を出して行動することで、より幸せな人生が待っているかもしれません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました