PR

カットモデルに声かけられる人の特徴は?美容師が求める5つのポイント

カットモデルに声かけられる人の特徴5つ!美容師が声かけたくなるのは意外な人!

あなたは街中で美容師に「カットモデルお願いできませんか?」と声をかけられたことはありませんか?

「かわいくないと声をかけられないのではないか」や、

「顔で選んでいるのではないか」という意見をたまに目にしますが、

カットモデルに声をかける=サロンモデルのスカウトではありません。

そして、”カットモデルに声をかけられる人の特徴”というのは、

美容師さんの技術練習に協力していただけそうなモデルさんの特徴”のことです。

この記事では、

カットモデルに声をかけられる人の特徴5選
カットモデルに声をかけられやすくなるためのコツ

を詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

RIN
RIN

この記事を書いた人

美容師を経験の後、美容室フロント/プレスに転職。現在はサロンのサポート、マネジメント業務などを担当。

カットモデルに声かけられる人の特徴5選

私は美容師時代にカットモデルを探すモデルハントをしていた事がありますが、

・根元が伸びている人
・美容にあまり関心がなさそうな人
・カット後に撮影をさせてもらえそうな人
・急いでいない人
・男性

上記に当てはまる人に声をかけることが多かったです。

ここで一応ご説明しておきますが、

・カットモデル➡︎アシスタントやジュニアスタイリストなどが技術向上の為に実際のカットの練習をさせてもらうモデルさん
・サロンモデル➡︎お店のスタイル写真や広告用の写真撮影などをお願いするモデルさん(基本カットやカラーなどの施術はしない事が多い)

というように、撮影用モデルさんとカットモデルさんは目的が違います。

今から紹介する5点は、

カットモデルとして声をかけられる人の特徴に当てはまる可能性が高いです!

根元が伸びている人

根元が伸びている人がなぜカットモデルに声をかけられるかというと、

しばらく美容院に行っていない可能性が高い

からです!

「そろそろ髪切りたいな・・・」

と思っているタイミングでカットモデルやりませんか?と声をかけられたら

一旦話を聞いてくれる方が多いので、かなり声をかけやすいです。

美容にあまり関心がなさそうな人

「カットしてもらえるならなんでもいい」

という考え方の人の方が、カットモデルはお願いしやすいです。

正直、頭の先からつま先まで綺麗にしていて美意識の高そうな人には基本声をかけません

なぜなら、すでに通っているサロンがあったり、こだわりが強い方が多いからです!

カットモデルは一人前になる前の美容師が

練習させていただくモデルさんです。

美意識が高く、完璧を求めている方にはなかなかお願いし辛いですね。

カット後に撮影をさせてもらえそうな人

カットモデルを終えた後には写真を撮り、

自分のSNSに投稿したり、お店のブログにUPすることがあります。

写真をあげても良いですよ、と言ってくれそうな方や、

お店のカラーに合ったファッションや年齢のお客様だと

声をかけてカットモデルと最後の写真撮影までお願いする事が多いです!

カットモデルはサロンモデルとはまた別なので、

バックショットや横顔だけ、など正面で写真を撮らなくてもOK!

撮られるのは恥ずかしいな、という方でも心配しないでくださいね。

スポンサードリンク

急いでいない人

カットモデルに声をかけられる人というのは

まず大前提で話を聞いてくれそうな人、です。

なので、時間に余裕のありそうな方を探して声をかけています。

セカセカと急いで歩いている人にはまず絶対に声をかけないです!

とにかく話を聞いてもらえないと何も始まらないので、

急いでいそうな人には声をかけることはないですね。

男性

私はモデルハントをしていた時、

女性よりも男性に声をかけることの方が多かったです。

カットは、女性の毛先をカットする、量をすく、

というような練習をただ繰り返していても上手にはなれません。

刈り上げや、フェードスタイルなど、男性のカットを沢山経験した方が、

自分の技術力UPにつながります。

あとは、男性は「どうせ伸びるから好きに練習して!」と言ってくれる

お客様が多かったので、カットモデルをお願いしやすい、というのはあるかもしれないです!

スポンサードリンク

カットモデルに声かけられやすくなるためのコツは?オススメの場所や時間など

もしあなたがカットモデルに協力したい!モデル料金でカットしてもらいたい!

と思っているなら、是非次の4点を実践してみて下さい。

・美容室の近くを歩く
・美容室の定休日や営業終了後を狙う
・通っている美容室に確認してみる
・カットモデル募集情報をチェック

美容室の近くを歩く

今は昔よりかなり減ってしまっていると思いますが、

美容室の近くで美容師がビラ配りやモデルハントをしている可能性はあります。

声をかけられる場所としてあげるなら、

やはり美容室の近く、ということになるでしょう。

日頃美容師さんが立っているかどうか、何気なく確認しておくのも良いかもしれませんね!

美容室の定休日や営業終了後を狙う

美容師のアシスタントがカットモデルを探すのは

その美容室の定休日(関東は火曜日、関西は月曜日が多い)、または営業終了後であることが多いです。

東京都内の美容室激戦区では、火曜日になると人通りが多い場所に

美容師が並んで立ってモデルさんを探している光景が広がることも・・。

曜日や時間帯を絞って声をかけられる場所に行ってみるのはかなりおすすめです!

通っている美容室に確認してみる

一番手っ取り早いのは、

通っている美容室に確認してみることです!

アシスタントが在籍している美容室なら、

美容師側もモデルハントをせずに済むわけですから、

WIN-WINですよね!

実際私が勤めていた美容室にもそのような事例がありました。

優しいお客様だな・・と感動したのを覚えています!

カットモデル募集情報をチェック

どうしても声をかけてもらえない、なかなかチャンスがない、

という方は、自分でカットモデル募集情報をチェックするのもおすすめです

今は個人的にSNSで募集をかけている美容師さんもいますし、

minimoというサイトでネット予約ができてしまうなんて方法もあります。

すごく効率的なので、試してみる価値はありますよ!

スポンサードリンク

まとめ

今回この記事では、

美容室のカットモデルに声をかけられる人の特徴や

カットモデルに声をかけられやすくなる方法をご紹介していきました。

なかなか二つ返事で協力してくれる人は少ないです・・!

もし頼まれるチャンスがあったらぜひカットモデル体験してみて下さいね。

生涯付き合える、素敵な美容師さんとの出会いになるかもしれません!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました