PR

リファロックオイルとライトの違いは?キープ力はある?

リファロックオイルとライトの違いは?キープ力はある?

株式会社MTGから販売される「リファ ロックオイル」と「リファ ロックオイル ライト」。

最近ピンク色の「リファ ロックオイル ブルーム」と

「リファ ロックオイル ブルーム ライト」も発売されたので

違いは何なの?どれを選べばいいの?と迷いますよね。

リファロックオイルとロックオイルブルーム(ピンク)の違いはこちらの記事で詳しく解説したように、

・ロックオイルとロックオイルブルームの性能は同じ
・ロックオイルライトとロックオイルブルームライトの性能は同じ

で、大きな違いは香りです。

つまり、ピンクか黄色かは、香り(または値段)で選べばOK

本記事ではリファロックオイル(ノーマル)とロックオイルライトの違いを解説します!

リファロックオイルとライトの違いは?

リファロックオイルシリーズは、ヘアアイロンを通す前に使うと、作ったスタイルをキープしてくれます♪

ラインアップを整理すると以下の4種類。

ロックオイル
ロックオイル
ライト
ロックオイル
ブルーム
ロックオイル
ブルーム
ライト
パッケージ色リファロックオイル
濃い黄色
リファロックオイルライト
うすい黄色
リファロックオイルブルーム
濃ピンク
リファロックオイルブルームライト
うすピンク
匂いフルーティーフローラルの香りブルーケットルージュの香り
仕上がりしっとりふんわりしっとりふんわり

リファロックオイル2種とロックオイルライト2種の違いは、仕上がりの重さや質感です。

リファロックオイルとロックオイルブルーム

ノーマルタイプのリファロックオイルとロックオイルブルームは、ツヤと束感のあるしっかりしたカールが作れます

仕上がりは割と重ため。

髪質やなりたいスタイルでまとめるとこんな人におすすめです↓

ロックオイル/ロックオイルブルームが向いてる人
・アイドル風スタイル向け
・濡れ感、ウェット感を出したい
・しっかりしたカールを作りたい
・ストレートアイロンでくせを伸ばしている
・髪質は普通~硬め

カールアイロンで巻き髪を作るとかなりしっかりグリンとカールが出るので、手加減しないとちょっと今風じゃないスタイルになります^^;

ギャル風というか、お姫様風というか。

個人的にはストレートアイロンでしっとり面のツヤを出したい時に向いてると思います。

リファロックオイルライトとブルームライト

リファロックオイルライトとロックオイルブルームライトは、ふわっと軽やかなカールを作るのが得意です。

ロックオイルライト/ロックオイルブルームライトが向いてる人
・オルチャン風スタイル向け
・ふわっとエアリー感を出したい
・抜け感のあるスタイルを作りたい
・髪質は普通~柔らかめ

カールアイロンで巻き髪スタイルを作るならロックオイルライトがおすすめです。

いい感じのエアリー感を出しやすいです。

特に雨の日は湿気でアイロンで巻いた髪がすぐに落ちますよね。

私も猫っ毛で、梅雨時期は家を出て駅まで歩く数分ですぐに巻きが落ちるのでカールキープアイテムは必須です。

つけてない時よりもだいぶスタイルをキープしてくれるので、湿気の多い日におすすめ

リファロックオイルで巻きが取れる原因と対策で解説したように、
アイロンでのスタイリングに慣れていない人や巻きが取れやすい人はライトがおすすめです。

つけすぎてもベタっとする心配がなく、巻きも取れにくいですよ♪

スポンサードリンク

リファロックオイル容器リニューアルの違いは?

リファロックオイル旧パッケージとの違いは?
旧パッケージのリファロックオイル

リファロックオイルとリファロックオイルは、初回発売からパッケージが変わっています。

パッケージが変わっただけで、中身や匂いは同じです。

なので旧パッケージが残ってる方は安心して使ってください^^

新しいリニューアルボトルがかなり洗練されて可愛くなったので、旧ボトルは早く使い切りたいですね…!

スポンサードリンク

まとめ

リファロックオイルとロックオイルライトの違いをご紹介しました!

ロックオイルとロックオイルライトは、どちらもアイロンで作ったスタイルをキープしてくれます。

髪質・なりたいスタイル・カールアイロンとストレートアイロンどっちで仕上げるかで選ぶといいですよ。

髪が硬く、ストレートアイロンでくせを伸ばすならロックオイル

髪が柔らかく、カールアイロンでエアリーな抜け感をつくるならロックオイルライトがおすすめ。

それが決まったら、最後に香りで黄色かピンク好きな方を選んでください^^

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました